​0800-200-1922

​受付時間:10:00~17:00 水曜定休日

外装リフォーム パックプラン

外装リフォームで大切なこと

​材質状況により工法も変わります。

​《屋根編》

屋根のリフォームの場合、屋根材や劣化状況により工法が変わってきます。

・陶器瓦…基本的に塗装は必要なく、主に「ズレ」や「割れ」がある場合に修理が必要です。

     「瓦が波打っている」「瓦の上に土がこぼれている」などの状況があれば早急にご相談ください。

     瓦の積み直し、漆喰補修などの工事が考えられます。

・セメント瓦・乾式洋瓦…表面の防水塗装が必要な瓦です。10年程度での塗装が推奨されます。

​     「色あせてきた」「黒ずんで見える」などは表面の塗装が落ちており、コケや藻などで汚れている状況です。

     防水機能がなく、水分を含んでしまうため、劣化が早くなり、雨漏りの原因にもなってきます。

​     早めに塗装で防水するか、手遅れになると葺き替えが必要になります。

     ※乾式洋瓦の場合、専用塗料を使用しないと瓦がボロボロになります。ちゃんとした業者に見てもらいましょう。

・コロニアル・スレート…表面の防水塗装が必要です。10年程度での塗装が推奨されます。

     軽量なので新築によく使われています。ですが、薄いため劣化に弱い傾向にあります。

     「色あせてきた」「黒ずんで見える」などは表面の塗装が落ちており、コケや藻などで汚れている状況です。

     防水機能がなく、水分を含んでしまうため、劣化が早くなり、雨漏りの原因にもなってきます。

     劣化すると板自体が割れやすくなるため、早めの塗装を心がけてください。

     劣化の程度が激しい場合は、「葺き直し」もしくは「カバー工法」による上葺きが必要になります。

​《外壁編》

一般的に10~15年程度での塗装が推奨されます。

 

・モルタル壁…壁の表面に「ひび割れ」「黒ずみ」があれば塗装の時期です。

     特にひび割れは「名刺が入る幅」程度になると吸い込みが激しくなります。

     ひび割れが少しであれば塗装で隠すことができますが、上記の状態であれば、周囲を削り、モルタルを詰め直すなどの

     処理が必要になってきます。

     黒ずみはコケ・藻などの付着・繁殖によるものです。微生物は塗膜を食べるため、塗装が一気に弱ります。

・木の板壁…染み込ませ型の塗装処理を行う必要があります。

     防水防腐処理が必要になります。放置してしまうと家の構造にまで被害が及ぶ可能性がるので

     早めに検討しましょう。

・サイディング…パネルのような板を組み合わせて作る壁です。

     ボード自体の破損「欠け・割れ・めくれ」などがあります。その場合は塗装ではなく部分的な差し替えなどが

     必要になります。

     また、ボードのつなぎ目(目地)のコーキング(ゴムみたいなもの)を確認してください。

     ゴム素材なので、年数が経つと硬化しひび割れます。このひびから水が浸入し、内部を傷める原因になります。

​     塗装及びコーキングの打ち直しが必要となります。

© 東宝建設株式会社 無断転用転載は禁止します。